クリームフランネル×カシミア、Lanificio coradoスーツ

2021年04月24日

イタリア最高のフランネル、Lanficico CORADOのスーツが完成しました。

去年から、MICHELE&shinが強くオススメしたフランネルがこのLANAFICIO CORADO(ラナフィチオ コラド)のフランネル。

イタリアのフランネルと言えば、カルロバルベラのフランネルをまず思い浮かべるでしょう。まさに呼んで字のごとく、クリームの様なきめ細かな触り心地で、イタリアらしい柔らかさが特徴です。しかしそのカルロバルベラのクリームフランネルを「より贅沢に。よりラグジュアリーに。」したのがこのLanficico coradoのフランネル。カシミアを贅沢に10%入れ、驚く程の触り心地と発色を実現しています。

フランネルとは贅沢の塊

フランネルを機能面で捉えると、せっかくのこんな素晴らしい布生地を見間違います。

フランネルは保温性があり、手触りがよく柔軟性がある事で冬に着用するのに最適とよく言われますが、フランネルの本当の魅力は機能面では無く「圧倒的な贅沢感」にあるとMICHELE&shinは考えます。わずか数か月の冬限定で着ると言う贅沢感さらに、布生地自体の厚みから出る上品な高級感は他の布生地では味わえません。間違いなくフランネルは贅沢なのです。

LANAFICIO CORADOのフランネルはカシミア混と言う更なる贅沢

LANAFICIO CORADOのクリームフランネルは、まさに最高級フランネルと言って良いでしょう。イタリアクラシコ界の巨匠 ルチアーノバルべラを父に持ち、バルベラ社から独立したCORRADO氏が、2019年からスタートしたブランドがこのLANAFICIO CORRAD。新しブランドだけに、気合の入り方が違います。ただでさえ、クリームの様な触り心地と称されるフランネルに10%もカシミアを入れたのです。尋常でない触り心地と美しい光沢感が他を圧倒するのです。

まさにこれこそ「至宝のフランネル」です。

MICHELE&shinのイタリア職人が作るハンドメイドとの相性は抜群。そんな素晴らしい布生地でこんな上品でリッチなスーツが完成しました。

まさにイタリア冬の新定番、Lanficico coradoのシャドーストライプの紺スーツです。上品で美しい仕上がりが分かります。

内側に弧を描くラペルが特徴的な、クリームフランネルの上品な質感スーツです。

わずかに内側に弧を描く美しいラペルデザイン。ラペル幅11㎝ ゴージライン5㎝のハイゴージでデザインしました。

ポケットフラッは6㎝でデザイン。綺麗なシェイプで全体のシルエットが本当に綺麗です。


上衿の共布仕様、イタリア職人のこだわりポイントです。

柔らかく包み込む様な袖付け。マニカマッピーナの肩付けがクリームフランネルのとの相性抜群です。

ミラネーゼスタイルのフラワーホール。

全てボタンホールは当然手縫いです。スーツを一つ格上げするポイントで、オーダーするなら手縫いのボタンホールは今や必須です。

イン1タック、ダブル幅は5㎝ 

MICHELE&shinオリジナルの編み込みベルトループが、小さなこだわりを演出します。

ブルーストライプシャツ×ブルーラインの茶レジメンタルタイの組み合わせです。

さりげない若さが光る合わせです。ブルー系を基調として、茶でポイントを入れると上品綺麗なコーデネイトになります。


デニムシャツにウールのグレーニットタイを合わせて。遊び心満載の合わせです。

白シャツ+オレンジのレジメンタルタイの合わせです。これもオレンジに紺のストライプが入ってるのがポイント。爽やかで綺麗なコーデネイトです。

今回はイタリアクリームフランネルの至宝LANAFICIO CORRADのスーツの完成を紹介しました。

フランネルは機能じゃあないですよ。フランネルは贅沢感です