冬に映えるアイスグレーのダブルジャケット完成

2021年10月03日

ライトグレーのジャケットが完成しました。こんなライトグレーは万能選手。そんなジャケットの紹介です。


冬に間違いなく映えるこんなライトグレー(アイスグレー)。

冬に間違いなく映えるのが、こんなライトグレー色です。なぜか冬になると、暗い色が街中に溢れます。しかし冬こそこんな、グレー色が欲しいところ。

写真の様なライトグレーをMICHELE&shinではアイスグレーと呼びます。少し青みがかかるぐらいのライトグレーで、少し金属っぽい、ひんやりとしたイメージといえば良えば良いでしょう。

わざわざ寒い冬に、ひんやりとしたアイスグレーってどうなの?って思う方も多いはずです。しかし冬ほどこんなグレーは街に映えるのです。寒い時に食べるアイスクリームって美味しいですよね。寒いときに着るアイスグレーは最高に美味しいのです。

グレーは最高の都会的な色気を出す

いつ頃からでしょうか、日本ではグレー色が、「年配のダサい色」のイメージになったのは?しかしグレーはエレガントで上品な色の最も代表的な色。さらに控え目で繊細、そして都会的を演出するのに間違いない色なのです。

そんなグレーの中でも、MICHELE&shinが冬に絶対のオススメな色が、こんなライトグレー(アイスグレー色)です。

こんなアイスグレーに、今年最も合わせて欲しいのが「茶色」です。アイスグレー×茶のコーデネイトは想像しただけでも上品なのが分かります。


ブルーデニムに茶のタートルネックそれに、こんなアイスグレーのジャケット。最高に上品で男前の着方です。茶のタートルは出来れば、ベージュ寄りの色が上品です。間違いないイケてる男前の出来上がりです。


オヤジっぽくが嫌なら、ダブルでアウトパッチポケットがベスト

ダブルブレストのジャケットが、オヤジ臭くなるって感じてる人はまだまだ多いはず。しかしそこはイタリアのジャケット。アウトパッチポケットにすることで、こんなに全く違うイメージになります。

さらにパッチポケットの形にこだわる事でこんなに「カジュアル、リッチ」感が出ます。アイスグレー×ダブルブレスト×ラウンドパッチポケット。最高のカジュアルリッチです。


そんなカジュアルリッチなジャケットを少し紹介します。

美しいNAPOLIの肩付け。ジャケットの柔らかさを演出します。


NAPOLIのジャケットは手縫いのダブルステッチが基本。

機械ステッチのAMFとは物が違います。オーダーするなら手縫いステッチをお願いするのが良いですよ。

ダブルブレストは両方にフラワーホールをオススメします。最もクラッシックなディテールです。当然フラワーホールはミラネーゼスタイル、ボタンホールも手縫いです。


バルカポケットはNAPOLIスタイル、3,5㎝幅。このサイズが必要です。

美しいまさにカジュアルリッチのアイスグレーのジャケットの紹介でした。

ぜひこの冬はアイスグレーのジャケットで。