上品ソラーロ これなら着れる。 

2021年07月16日

ソラーロの定番スーツが完成しました。

ここ最近、お洒落なお客様からのソラーロのオーダー率が急上昇で、少し前までの「ソラーロは難しいよね」から「今ソラーロイケてるよね」に完全に流れは変わりました。

そんなソラーロですが、色の出方が、わりとはっきりとしてるソラーロから、今回作成したソラーロのような、落ち着いたソラーロ迄、各布生地メーカーから多種多様なソラーロが出ています。今回完成したソラーロは「これは着れる」のソラーロ。上品な光沢と上品な色、上品な柄の入り方が素晴らしいとしか言いようがありません。今回はそんな上品ソラーロスーツを魅力を紹介します。


今回のソラーロスーツはこの写真からイメージして作りました。

「向かって左のオヤジのデザインで、右の色で作りたい」との要望でした。確かに左のダブルスーツはカッコ良いのですが、これだけ赤が中から出ると、ちょっとハードルが高い印象があったのでしょう。そこで右のソラーロの色です。これぐらい上品に中から出る赤の色が少な目めでベージュだと、着やすい印象になります。

着こなしは右の紳士の方がイケイケですがね。

タイドアップで上品ソラーロがイケてます。

写真でも分かる通り、ソラーロのタイドアップは、本当にカッコいいとしか言いようがありません。

ソラーロに合わせるなら、やはりシンプルな無地のタイでしょう。紺、濃い茶、エンジ、どれも合います。僕の今の気分は紺のニットタイですね。ベージュのソラーロスーツ×紺のニットタイ×何気ない白シャツ、最高に涼し気でさらにお洒落になること間違いなしです。

この着方が勉強になります。


このジャケットも同じ色のソラーロ。

カッコよさ抜群です。このスナップをMICHELE&shinでは何度か紹介しましたが、今年気に入ってるソラーロの着方で、ソラーロをカッコ良く着るのお手本のようなスナップです。

ベーシックな白のボタンダウンシャツに履きこんだブルーデニム×ソラーロジャケットです。このスナップを見ると、ソラーロの無限なコーディネートの可能性が見えて来ます。

上品ソラーロは今年イケてますよ。


さて今回のスーツを写真で紹介します。


ウィリアムハルステッドのソラーロで作ったダブルブレストのスーツ

上品な光沢と色が特徴です。


12㎝ワイドラペル ゴージラインは6㎝で作成、NAPOLIジャケットです。

NAPOLIスタイルのダブルステッチがオススメです。全体に軽やかな印象が。

ダブルブレストなので左右にミラネーゼのフラワーホールを。ミラネーゼスタイルの手縫いのフラワーホール。フルオーダースーツの必須ポイントです。

マニカマッピーナの肩付け。布生地本来のドレープ感を大切に。

本水牛ボタンの重ねの4つボタン。当然手縫いのボタンホールです。

手八刺と 上衿裏の表布仕様はMICHELE&shinの職人のこだわりです。

フラワーホールの花止めのクラッシックディテールは、見えない所をだからこそ、男心をくすぐります。

3.5cm幅の胸バルカポケットも美しく弧を描いてます。


スクエアカットの幅6㎝のフラップポケットのデザインが、ジャケット全体にシャープなイメージを与えています。シャープに見せたいオヤジに、このポケットデザインはオススメです


今回、パンツの写真を取り忘れてました。ごめんなさい。パンツもカッコ良かったですよ。


今回はウイリアムハルステッドのソラーロで作った「上品ソラーロ、これなら着れる」のスーツの紹介でした。

こんなソラーロで夏のスーツスタイルをカッコ良くです。