William Halsted春夏生地のご紹介

2020年02月01日

本日は英国の定番老舗ブランド【ウイリアム・ハルステッド】の春夏生地のご紹介をします。


ウイリアムハルステッドは織物産業が盛んなイギリスで1875年に創業。上質な天然繊維のみを用い、多くの顧客やテーラーの信頼を得てきました。ウール100%の定番クオリティは、通気性や防しわ性を兼ね備えたビジネスユースな仕立てあがりです。


太く堅牢性のある糸で仕上げられた生地は、春夏秋と長いシーズン着用でき、パフォーマンスにも優れています!


・FRESCO【フレスコ】

「ウィリアムハルステッド」のフレスコはハイツイスト素材で目付は300・320と春夏物にしてはやや重めでありますが。29,5番手の双糸と単糸を練り合わせた3つ杢の非常に丈夫で清涼感と防皺性を表現した3PYフレスコと、Z撚りの単糸2本を更に撚りでツイストして双糸に仕上げた糸で織ることにより、通気性にも非常に優れた春夏生地を代表するコレクションです。


・SOLARO【ソラーロ】

100%「Wool」の、肉厚の生地ながら表面温度を快適に保つことができる、通年快適に着用できる生地です。見る角度によって色合いが変わるユニークなサンドベージュカラーです。


・WOOL MOHAIR【ウールモヘア

60年代に人気を博した100%ウール素材の生地。かっちりとした重めの目付は皺もできにくく、スーツはもちろん、スマートカジュアルのブレザーにもピッタリです。


・TROPICAL【トロピカルS120's 】

スーパー120のソフトで軽い手触りのよいトロピカルのスーツ服地です。ウールが湿気を外に放出するので、着用時に涼しさを保つことができる、暖かい気候に最適な生地です。

・HUCKA BACK【ハッカバック】

4%「Super 100s' Wool」26%「Summer Kid Mohair」から成る、少し透け感がある涼しげなジャケット地。メッシュのより柔らかな手触りのモヘア生地です。


ウイリアムハルステッドの春夏生地いかがでしたか?


ウイリアムハルステッド は下記のご料金でお仕立てしております。

【スーツ】 

FULL HAND all ¥210,000 +tax (仮縫付き) 

WHITE LABEL all ¥128,000 +tax

【ジャケット 】

FULL HAND  all ¥15,000 +tax (仮縫付き) 

WHITE LABEL all ¥75,000 +tax

ご興味のある方は是非店頭でお確かめ下さいませ。