PITTI UOMO96 2019SS DAY1

2019年06月15日

ファッションウィークが始まりました。

イタリアフローレンスのPITTIUOMOをかわきりに、ミラノ パリ ニューヨークと順番にコレクションが始まります。


さて我々テーラーが今、最も注文するのがPITTIUOMOのストリートスーツスタイル。世界中のファッショニスタが世界各地から最新のスタイルを持ち込みます。

今PITTIUOMOのストリートスタイルは世界の紳士スタイルの発信元となっています。


実は今回MICHELE&shinとして、少し反省し、思い返す事がありました。

それは「どこか楽しいスーツを作ってない」って事に気付かされたのです。

スーツ=ビジネスになってたのです。


我々は毎年必ずここに来るようにしてます。それは最新のスーツスタイルが勉強出来る事はもちろん、それ以上に、みんなが楽しく着飾って、楽しそうにビジネストークをしてる雰囲気がたまらないからなのです。

みんな本当にスーツやジャケット楽しんでます

スーツはビジネスの作業着ではないんです

男を最高に輝かし、人生を楽しくする最高のツールなのです。着ててカッコよくないと駄目なのです。今回改めてこの事に気付かされました。

これからは更にMICHELE&shinだから出来る、最高にかっこ良い、楽しいスーツを楽しみにしてください。


さて2019SSの1日目の情報ですが今年は「ジャケットが必須」でした。

今年のPITTIは毎年に比べても本当に暑く、ぐったりするほどです。しかし今年はジャケットの着用率が非常に高い!!

どんなスタイルにも、ジャケットを着る事で出る、男らしさが最高のスタイルを作り上げます。


今回特に多かったのがオフホワイトやベージュ、茶系のジャケットスタイル・・・

本当にカッコ良かったです。

ジャケット丈はきちんとお尻が隠れる長さになりました。


実は今回MICHELE&shinでは全てのパンツを裾幅23cmのワイドにして、長さもワンクッション入れる様にしました。

しかしまだまだ世界の流れは、くるぶし丈のノークッション、裾幅も18cmぐらいのテーパードライン。完全にやらかしました・・・・・・。

あとはワタリには余裕をもたせハイウエストのタック入りベルトレスが定着しました。


また、今回のPITTIで大きな流れが、大柄のチェック絶滅したことです。

去年ぐらいから徐々に少なくなってましたが、今年ほぼチャック柄のジャケットやスーツは見なくなりました。

大柄チェックは終わりの予感です。。。


さてここからは一部ではありますがスナップをどうぞ、


お次のブログはみんなが1番気合を入れてくるDAY2です。

お楽しみに。

PITTIUOMO 2019SS DAY1でした。