micheleandshinblog

MICHELE&shin 2022 AW コレクション NO3 ROMAIN

2022年11月10日

MICHELE&shin 2022AW コレクションNO3はこのスーツ。

モデルはフランス リオンのROMAIN。

今回、MICHELE&shin2022AWのコレクションテーマは「クラッシック回帰」。MICHELE&shinが考える、今の時代に適応したクラッシックがこの形です。

ジャケットは、やや揺れるぐらいのサイズ感でMICHELE&shinが考えるクラッシックを表現しています。

パンツは、ワイドにせず、シャープさを出しています。今、クラッシックなワイドパンツが主流になりつつある今ですが、このぐらいのパンツラインの新鮮です。

細くて揺れるがこのパンツのラインの特徴です。

さてここから写真で少しディテールを紹介します。

このスーツの大きな特徴、MICHELE&shinの専売特許である、due pezzi di cotoneの肩付け(ダブルロープドショルダー)が分かる写真です。この肩付けは、肩パットは入れずダブルロープドで作る独特な肩付けです。わざとギャザリングで付け、ビルドアップの肩とは柔らかさが違うつけ方です。まさに現代クラッシックと言えるでしょう。

更にダブルブレスト6ボタンの下掛けがエレガントです。クラッシックの基本である、少し長めの丈と相まって、「揺れる感じ」が美しいジャケットです。


アウトパッチポケットはMICHELE&shinの定番デザインの丸く弧を描くバルカアウトパッチポケット。クラッシックに少しの遊び心を演出します。


布生地はMICHELE&shinオリジナル、チャコールグレーにペンシルストライプの布生地です。チャコールグレーはペンシルストライプは本当に美しいクラッシックスーツになります。美しい。

イタリアの美し街並みにチャコールグレーのペンシルストライプスーツが合います

クラッシックなスーツは少し遊んで、こんなさり気ない着方がオススメです。

ジャストな丈のパンツです。


後ろ姿で美しく揺れるがわかります。肩付けが後ろからだとよくわかります。このギャザリングがダブルロープドの命です。

今回はMICHELE&shin 2023ssコレクション NO3のスーツでした。どうでしたか?なかなかの自信作です。ぜひ参考にしてください。