驚異の布生地!! 商社倉庫にてJONH FOSTER Super200を発見!

2021年05月23日

驚異の布生地!! 商社倉庫にてJONH FOSTER スーパー200's を発見!

前のブログで紹介した、布生地商社問屋回りで見つけた、幻の隠れた名品第二弾の紹介です。

本当に日本の布生地商社であり問屋は素晴らしすぎる布生地が隠れています。今までイタリアの布生地問屋やメーカーにばかり目を向けて、直接買い付けに力を入れてましたが、今回のコロナで暫くイタリアに行けなった事で、日本の商社問屋を回る事に。

しかし回ると、素晴らしい隠れて名品が出てくる出てくる。日本の商社や問屋の布生地に対する熱い情熱と審美眼は素晴らしいのです。

そんな商社問屋で見つけた凄い布生地がこちらです。

驚愕のスーパー200's!! JOHN FOSTERです。

JOHN FOSTER Super200
JOHN FOSTER Super200

・JOHN FOSTERとは?

JOHN FOSTERはイギリス ウエストヨークシャー州クイーンズベリーにて1819年創業の世界最高のトップモヘアブランドとの評価の高いブランドです。創業が1819年ですよ1819年・・・日本だと江戸時代です。その時代から作り続けられる200年と言う歴史。よくここでしか出来ない布生地があると言われますが、この生地を見るとそれにも納得です。

恐ろしいほどの手触り。SUPER200'sを徹底解剖。

この布生地を見つけたのは実は前に紹介した、カシミア60%シルク40%のタリアデルフィノのジャケット生地の買い付け時に隣にあったことで、デルフィノの布生地だと思って選んだ後に、「この布生地はカシミアシルクじゃなくて、JOHN FOSTERの200'sですよ!」と言われ

「え・・・これSUPER200'sなの?(驚)」「触り心地と生地のハリが最高だね!」

と話したのがきっかけでした。


・SUPER200'sの世界

この生地には驚くような、甘い肌触り光沢ドレープがあります。SUPER200's のその名の通り、極細糸ウールで織り上げた超贅沢ファブリックです。カシミヤ以上に希少価値の高い素材を使用。

スーツになると体の動きに連れてさらにエレガントなドレープや艶が出ること間違いないです。

・打ち込みのしっかりさはさすが英国生地

スーパー200's と聞くと、「耐久性は大丈夫なの?」と気になるところですが、それが今回買い付けしたJOHN FOSTER 200's一番のポイント!!

スーパー170's相当のゼニア15milmilなどと比べ、さらに原毛は細いですが、さすが英国生地。打ち込みがしっかりとしていてハリとコシがあります。撚りが甘いスーパー150~60'sなど生地に比べても耐久性も随分高いです。

よくJOHNFOSTERの布生地をイギリスとイタリアの両方のいいとこどりの布生地などと評価しているのを見かけますが、やはりそこはイギリスの老舗中の老舗。

触ると分かる圧倒的な打ち込みと厚み、そしてスーパー200's のしなやかな手触りの中にあるハリとコシはさすがです。

それぐらいこのJOHN FOSTER SUPER200'sは素晴らしいのです。

そんな幻の名品を今回6着分のみですが購入する事ができました。

全6種
全6種

全て着分限りです。


ここだけの話、購入した時期が良かったです。「今は夏物のシーズンだし、こんな時期だから特別価格販売しますよ。」と・・・。前回のデルフィノと同じくこちらもありえない価格で購入することが出来ました。

今回特別価格で購入できたということもあり6着分限りではありますが特別価格にてジョンフォスターのスーパー200'sで作るフルオーダースーツを販売します。


MICHELE&shin フルハンドレーベル(仮縫い付)¥418,000-(intax)

今、スーパー200'sの布生地自体、お目にかかれる事はほぼなく幻です。JOHN FOSTERの200's。これほど打ち込みがしっかりし、厚みがある布生地はまさに隠れた名品。本当に素晴らしい布生地でイタリア製フルオーダースーツとの相性は抜群です。ぜひこの機会に。。

NAPOLIのサルトリアの奥の倉庫にそっと眠ってる幻の名品そんな布生地の紹介でした。