CANONICO SuperSonicの魅力はハリにあり。 

2021年08月05日

SuperSonicの魅力とは?


機能だけじゃないCANONICO SUPERSONIC。

よく、このSUPERSONICの布生地を、機能で語ってるのをよく見ますが、しかし、そこはイタリアの老舗ミル(製造元)が作った布生地。本当の魅力はそれ以外にもあります。恥ずかしい話ですが、MICHELE&shinでは、どういうわけか、今までこのSUPERSONICで作った事がありませんでした。今回初めてこの布生地で作ったことで、SUPERSONICの本当の魅力がわかりました。そこで今回はそんな素晴らしいSUPERSONIC×MICHELE&shinのイタリア製フルオーダースーツの抜群の相性と魅力を書きたいと思います。


よくこのSUPERSONICを

  • 撥水性があり汚れに強い

  • シワに強く清潔感を保ちやすい

  • 程よいストレッチ性がある

等々、機能面だけの素晴らしさを伝えている記事をよく見かけます。しかし、この布生地でつくってみて分かった、この布生地の魅力は、強撚なのかなと思うぐらいしっかりしたハリと上質なマットな質感でした。

確かに、今の布生地に機能は大切です。しかし、機能性だけが良くても、出来上がったスーツがイケてなければ、スーツを作った意味がありません。CANONICO SUPERSONICは機能と仕立て映え、その両方の良いとこどりの布生地でした。


ザラットした表情なのに軽いが素晴らしい

この布生地の特徴として、大きなポイントが「厚みがありそうな表情なのに軽い」が上げられます。これは大きな特徴で、マットな質感の中に内側からの少しの光沢があり、さらにザラットした手触りが清涼感を感じさせます。

このザラットした適度に固い手触りが、本当良い感じなのです。イタリアの老舗ミルが作った、どこかイギリスのビンテージな布生地を感じさせる布生地です。

・ マットな質感の中に美しい光沢

・ 適度なザラつきが、清涼感を感じれる 

・ 厚みがありそうに見えてなのに軽い

・ 軽いのにハリにがある

等々、SUPERSONIC これからの夏の新定番の予感です。


さて今回はそんなSUPERSONICのグレーを使ったスーツが完成しました。紹介します。

ダブルブレスト、チェンジポケットが特徴的な美しいスーツです。

写真からもマットな質感が伝わります。


12㎝のワイドラペル、ゴージラインは7㎝で、軽い曲線のベリードラペルのラインが、The ITALIA NAPOLIって感じです。


しっかりとマニカマッピーナに。

立体的な腕の付けからのラインが分かります。

袖は本水牛の重ね4つボタン。この写真は一番SUPERSONICの表情がわかりますね。

フラワーホールは手縫いのミラネーゼスタイル。パンツまで全てのボタンホールは手縫いです。手縫いのボタンホールはフルオーダーの必須です。

ダブルステッチもオススメなディテールです。

3.5㎝の胸バルカポケット。この大きさがサルトリアです。


ベルトレス、3.5㎝のウエスマンでデザインしました。


アウトワンタックでデザインしました。ベーシックで綺麗です。

サイドアジャスター。


ダブル幅は3,5㎝で。


CANONICO SUPERSONICを使ったグレースーツの紹介でした。

夏に良いとこどりの布生地でイタリア製フルオーダーとの相性も良い感じです。ぜひ今年の夏に。