ARISTONのジャケットが完成しました。

2020年06月01日

皆さんこんにちは。

MICHELE&shinの松本です。

今日はイタリアの名門ARISTONのウールシルク生地で作成したジャケットが上がってきたのでご紹介です。

今回お作り頂いたお客様はMICHELE&shinの常連さん。いつも休日は銀座をパトロールされてるとのこと笑

MICHELE&shinにもちょくちょくコーヒーを一杯のみにいらしてくれます。


今回のオーダーは春夏にさらっと着れるジャケット。生地はお客様自ら布生地商社のセールに行かれて購入されたMade in ITALY《ARISTON》Wool & Silk

wool48%silk52% ウールよりシルクのほうが多く混紡されている上質なポップサック生地です。写真では伝わりづらいのですが、このなんとも言えないシルクの光沢がハンドメイドの仕立てをさらに引き立たせてくれます。

さてこちらが出来上がりの商品。

非常にクラシカルな三つボタンの段返りのポップサックジャケットです。

ラペルは10.5cmと少しワイドに。

ゴージラインも高く華やかに仕立てました。

ステッチは特別感を出すため7mm幅のダブルステッチに。

ウィンドウペンの柄と配色が入っている為、目立ちにくくはなっていますが、太陽光などの光の当たり具合で、チラッと見えるダブルステッチはこれぞ男の拘り。

さらに手縫いというのがポイントです。


フラワーホールはもちろんミラネーゼ。

やはりフラワーホールにミラネーゼを選ばれる所にセンスの良さを感じます。

首元はMICHELE&shinの拘りの一つ、5cm高。

今回こちらのお客様初挑戦の3.5cm幅のバルカポケット。

今MICHELE&shinでは胸ポケットはこの3.5cm幅のバルカポケットをお勧めしています。何故なら前回ナポリのテーラー訪問をした際に、サルトリアダルクォーレさんやサルトリアカリエンドさんなど色々な高級テーラーさんを周りましたが、イケてるテーラーさんでは多くこの3.5cmのバルカポケットを採用していました。

3.5cm幅と聞くと少し大きい様な気もするかもしれませんが、そんなことはありません。

今本当にイケてます!

MICHELE&shinでは型紙も用意をして仮縫い時にお打ち合わせ等させて頂いておりますので、是非3.5cmにチャレンジして下さい!


腕元は4つボタン


フロントカットはいつもより少しカッティングをキツくかけてます。

ポケットはアウトのパッチポケット。

今回のポケットの上面と側面は直線的なカッティングの物にしました。

肩はもちろんマニカカミーチャです。

いかがでしたか?

今回はARISTONのWOOL&SILKで作成したジャケットのご紹介でした。

現在MICHELE&shinではARISTONはお取扱いしていませんが、もしARISTONでの作成をお考えの方は是非一度ご相談下さい。ご来店時にARISTONのバンチ等ご用意できるかもしれません。

また次回のブログお楽しみに~