ネクタイのオーダーを始めます。

2019年04月25日

MICHELE&shinは現在、自社工房で作成出来るものだけを販売してます。

スーツ ジャケット コート パンツ ジレのみです。

これには理由があって、自社工房の強みを最大に活かし、イタリア現地価格で適正に提供出来る事。 オーダーメイド本来のデザインやスタイルの自由さを1BY1で作れる事で、お客様に今のカッコいいスーツをお届け出来る事、・・・

などなど外注工場では対応出来ない数多くの事が可能だからです。

日本にいながらにして今のイタリアスーツを現地価格で提供したいとの思いで、少ない職人と日々格闘しながらスーツを作ってます。


しかし今回、初めて自社縫製では無い商品を扱います。それがこのイタリア製ハンドメイドのオーダーネクタイです。

我々もイタリアに数多くの取引先が出来ました。そんな中、訪ねると1番の家族付き合いをしてくれるのが、今回お世話になるERINのネクタイ工房ファミリーです。

彼らはナポリ郊外で自社生産にこだわり、ナポリ仕立のネクタイを作り続けている、ナポリで初めてネクタイを作ったファーストファミリーの子孫です。

ブランド名は言えないのですが、現在も名立たるブランドのネクタイの製造を数多く手がけてます。

 

実はネクタイのオーダーの話が始まって、すでに2年になります。

試作の作成・・・オーダーのやり方の打ち合わせ・・・輸送の件などなど、打ち合わせしたいことが沢山あるのですが、いつも訪問すると打ち合わせは程々に、「ご飯いこうよ・・・」

と長い食事タイムが始まります。実はこれが拷問・・・・

この地域はイタリアで最もモッツァレラチーズが有名な産地・・・

まずモッツァレラとプロシュートが1人に一皿(これが日本のファミリーサイズ・・・)

その後 サラダ・・・スパゲティ・・メインの肉・・何故かここでピザ・・・最後にエスプレッソとテイラミス・・・すべての量が1人1皿で1皿が日本の2~3人前のイメージ。

これがランチだったりして・・・「夜は家でママの手料理食べに来いよ」なんてなると本当に拷問です・・・・・

2~3日具合いが悪くなります。笑

そんな拷問をくぐり抜けやっとネクタイのオーダーに至りました。


さて、今回のネクタイで彼らとこだわったのが7ホールドの手縫い仕立、生地はすべてコモ製です

ネクタイの命は生地と折りです。

ナポリの誇り7ホールド(7つ折り)のネクタイこそイタリア最高峰のネクタイと彼らは言います。


布生地


今、日本にもイタリア製の良いネクタイは沢山入って来てます。しかし残念なのが幅と長さがぴったりこない

今パンツのスタイルがハイウェストなってるのに、なぜ今だに締めると長かったり、幅がもう少しほしいのに狭かったりします。


MICHELE&shinの基本はカッコ良く着てもらう事です。

今回のオーダーネクタイは長さと幅を貴方の好みピッタリにオーダー

今までに無い体験が出来るでしょう。


ERINの今回のネクタイは7ホールドの手縫いにこだわってるので布生地によって、幅の制限はありますが、それも作る楽しみです、詳しくは店舗に問い合わせしてみてください。

ナポリのおおらかな風土で作られる最高の7ホールドのネクタイを是非お楽しみください。

【商品価格】

¥25,000-

【納期】

次回納期 6月中旬予定

【対象生地】

イタリア コモ産(100%シルク)・グレナディン ・ジャガード ・ツウィル その他ウール100%など