春夏のホワイトグレージャケットの魅力とは?

2021年03月23日

今年の春夏は間違いなくジャケットパンツスタイルでしょう。

世界的に、これだけジャケパンスタイルに注目が集まる年も珍しく、より大人のスーツスタイルが進化中なのです。イタリアでも春夏はジャパンスタイルを粋に着こなす紳士が大増殖。大人の紳士はサラリとジャケットを着こなすが基本なのです。

・今季の本命はこんなチェックジャケット

年間で見ると、春夏のジャケット着用期間は日本の場合、割と長い4月から9月までの180日間ぐらいになるでしょう。この長い、春から夏の期間で本当に暑いのはほんの2か月ほど、後は確実にジャケットが必要な季節になります。そんな季節に今回、最高な素材を発見し、こんなホワイト&グレーのチェックジャケットを作ってみました。

今回はホワイトグレーのチェックジャケットの魅力を紹介します。

・暑い季節を爽やかに見せる「この色と素材」が最高‼

もう2年前になりますが、たまたま入ったナポリのトラットリアで見た、ホワイトグレーのチャックジャケットを着た紳士がどうしても忘れらず、去年から近い素材と色を探していたのですが、なかなか出会えず、暫くの期間が経っていました。

そんな時発見したのがこの布生地でした。

まさにざっくり感とさわやか感、そして色の感じが最高に近いのです。、ナポリの夏もけっこう暑く(日本の様に蒸し暑くはないですが。)そんな暑い夏にホワイトグレーのジャケットがメチャクチャ爽やか映ったのを覚えています。そんなホワイトグレーのジャケットこそ日本の暑い季節にぴったりと思い、今回作ってみました。ホワイトグレーの色が暑い季節を爽やかに見せる事間違いなしです。

この色と相まって素材が夏に最高に美しく映えます。

・麻×シルク×コットンが今からの季節に最高です。

麻55%シルク25%シルク20%コットン 重さは280gですが、実際に出来上がるともう少し重みのある様に感じます。今の流れで、原毛自体が太く編んであり、しっかり感があります。着てて安心感のある素材です。

注目なのがシルクが20%入ってる事。全体の混合のバランスは本当に素晴らしく、まさに、今のイタリアジャケットに最適な「適度に張りがありながら、いやらしくない光沢と発色)のバランスを絶妙にとっています。この素材は本当にいいセンスですよ。


・ホワイトグレージャケットの合わせ方。

まさに日本の暑い季節に最適な、爽やかさをアピールするホワイトグレー色。こんなにお洒落に合わせれる万能選手はいません。こんな合わせはいかがでしょうか?ちょっと紹介します。


・ホワイトグレーチャック×無地グレーパンツ


最も合わせ易いコーデネイトですが、もっとも今年っぽいイメージです。今年、パンツはこれぐらい薄いグレーがオススメです。

・ホワイトグレーチャック×デニム

デニムを合わせて「たまたま家にこれがあったから着てきた」てな感じで、さりげなさを演出には最も良いコーデネイトです。

・ホワイトグレーチャック×ホワイトデニム

最もイタリア紳士が好みそうな合わせです。さり気ない爽やかさならこのコーデネイトです。


インナーもこんな合わせはどうでしょう?

ホワイトグレーチャック×デニムシャツ

こなれ感ならこんなデニムシャツの合わせがオススメです。すこしクタレたデニムシャツなら、なお最高です。


Tシャツなら紺かグレーがオススメ

どちらもい感じです。きちっとしたサイズのTシャツが大人の着こなしポイント。この合わせでビッグなTシャツはNGですよ。イタリアオヤジは少しお腹が出てても、ジャストサイズのTシャツです。


今回は日本の暑い季節に最高に爽やかに見せるホワイトグレージャケットの紹介でした。

ぜひこんなジャケットを着て都会の街をお洒落に闊歩してください。

また次回のブログ是非お楽しみに。