日常の職場をナポリに変えるREDA、MAIORで作るイタリアスーツ

2021年08月01日

REDA社のMAIOR。MICHELE&shinが認める、イタリア製の布生地で最もハイクオリティなのに非常にリーズナブルな布生地。

REDA社はイタリアピノモンテ州ビエッラに1865年に創立された、イタリアのミルの中でも非常に歴史と実績がある会社。年間の生産量は650万Mと言われ、生産の7割近い数を海外に輸出してるというから、その品質とイタリア製のこだわった布生地の品質と手腕は目を見張るものがあります。

現地ビエッラで聞いた話によると、REDAは原毛の買い付けから生産、そして海外の販売まで、かなりのところを自社でやってるそうです。REDA社は日本にもREDAJAPANを作りデリバリーをしています。それは何より、「イタリアの適正価格で提供したい」との思いからだと聞いています。

しかしなぜか日本ではあまり人気がない、リーズナブルだけのイメージが先に立ち、本当のREDEの良さが伝わってない気がします。


MICHELE&shinが認めるREDEはこれだけ

MICHELE&shin認めるREDAはこのMAIORただ一つ。このMAIORのクオリティーは本当にイタリアの布生地でも最高レベルです。REDAのラインナップの中でも最高級ランクにランク付けされてるだけの事はあります。

MAIORの最大の特徴は最高に美しい光沢感と手触りです。

15.5マイクロンの極細の最高級原料を使用しその原料を贅沢にも、やや太番手のより糸に紡績し低速の織り機でゆっくり丁寧に織り上げられます。

この低速でゆっくり丁寧に織られるが最高の布生地が、こんなリーズナブルでいいんでしょうか?MICHELE&shinが認める理由がここにあります。

そんなMAIORIの素晴らしいスーツが完成しました。紹介します。

シングルブレスト、グレーが綺麗なスーツです。シングル2つボタン

ラペルは10㎝、ゴージラインは4㎝のハイゴージで。ストレートカットのラペルデザインがシャープさを演出。ラペルの立体感、ふんわり感は手縫いだからこそ出せるディテールです。

手縫いのミラネーゼスタイルのフラワーホールです。フルオーダーするなら是絶対オススメのポイント。

胸バルカポケット。3.5㎝が今です。

手ハ刺しと共地で作る、上衿の裏はイタリア職人のこだわりです。

袖は4つボタンの重ねで。当然本水牛ボタンです。グレーに茶のボタンは合いますね。

肩付けはマニカマッピーナ。手縫いならではの軽く柔らかい印象がたんまりません。

アウトワンタックがビジネスで大活躍です。

MICHELE&shinオリジナルの編み込みベルトループです

パンツの裾は5㎝幅。今この5cmのサイズが良い感じです。

今回はREDA MAIORで作ったシングルスーツの紹介でした。