拘りの6つボタン1つ掛け

2019年09月19日

皆さんこんにちは、MICHELE&shinの前河です。

今回私が拘りを詰め込んだスーツが完成したので、ご紹介します。


一応テーマを、、、大人の夜のパーティでも恥ずかしくないクラシックスーツ

歳を重ねるごとにパーティや、おしゃれなディナーなどジャケットを羽織る機会が増えてくると思います。

その時にバシッとキメれるスーツが一着ほしかったので

完成が上がったときは、想像以上の出来だったので興奮しました。☺



布生地は、MICHELE&shin オリジナル生地の仕立てました。

いろんなディテールに拘りは詰めたんですが、やはり一番は、ラペルのカット、ラインです。


この絶妙な!!綺麗なラインです!!

ゴージ高さは10cm にしてラペル幅12cm カットは平行にしてクラッシック感を出しました。今このカットが新鮮です。

フラワーホールは2つ付けることでより迫力のある仕上がりです。


ちょっとチャレンジだったのですが、シンプルかつお洒落なスーツが良かったので、ボタンホール、ステッチ、ボタンはブラウンに統一しました。当然フラワーホールボタンホールは手縫いです。手縫いにすることでスーツのランクが2ランクぐらいは上がりました。


ステッチはハンドのダブルステッチ

これがまた、手縫いで入れているため味が出てて、私はかなり好きです。

AMFステッチとは一線を画します。手縫いのダブルステッチオススメです

次、ダブルステッチを入れる際はステッチ幅1cmに挑戦したいと思います。


ポケットはアウトポケットでスクエアーの四角い形に・・・

ダブルだとこの形が好みです。


パンツはかなり余裕を出して太めに仕立てました。クラッシック・・・・

今、細いラインのパンツが主流なのであえて狙ってみました。みなさんもどうでしょうか?


ウエスマン5cmハイウエスト

MICHELEオリジナル編み込みループ イン・アウトボックスツータック


裾幅20cm ダブル幅5cm でよりクラッシックを意識しました。


今回、特に良かったのはダブルの6つボタン1つ掛けです。

ダブルの流れは間違いなくこちらに来ています。今やると先取りでおすすめです。

今回はMICHELE&shinの前河が作ったアイボリーのダブル6つボタンの1つ掛けのスーツの完成でした。