新生地入荷について

2018年07月19日

こんにちは michele&shinの松本です。

夏のPITTIが終わり、いつものように布生地を探しにイタリアを車で縦に縦断。

1000kmの宝物探しの旅です。


今回も素晴らしい布生地に出会えました。

旅の始まりはビエッラから。

ビエッラはイタリアでも最も北にある街なのでホテルからは美しいアルプス山脈がすぐそこに見えます。


さて今回の買い付けは2018 19AWの生地です。ちょうど今が1番布生地が揃う時で、私以外にもpitti終わりの人を多数見かけました。 

biellaにて


今回買い付けた布生地の紹介をしましょう。

まずスーツに最適な生地から

今季のpittiでも多かったブラウンの生地、カシミア昆の素晴らい布です。

ウール80 カシミア10 目付け330gの最高にドレープ感のある布生地です。

ネイビー、グレーといったクラシコの基本定番色に続きイタリアでもよく見られる定番の色。カントリー的なイメージが強い色でもありますが、この高級な素材感なら艶っぽく

可愛げのある1着に仕上がるでしょう。

No.359  Wool90 cashimia10 330g 買い付け地BIELLA 16m 



続いて小柄グレンチェックの紺生地 これもカシミア昆の素晴らし手触りの布です。

少し離れると無地に見える位のチェックで発色も明るすぎず光沢も抑えた布生地なのでビジネスでも無理なく着られる1着になるでしょう。人とはちがう紺を探している人には最高の布生地です。

カシミアが10%入ってることで手触りが良くドレープ感も高級感も素晴らしいです。

クラシコの最も基本定番の紺を最高の素材でどうでしょうか?

NO358  wool90 cashimier 10  310g  買い付けBIELLA 16m



少し早いですが、冬に最高の薄いグレー無地のカシミア40%の生地です。

カシミアはウールに比べ40%近く伸縮性があります、14~16マイクロンの細い繊維で(ウールは20マイクロン位です) 表面のキューティクルが小さく 油分が覆つており、空気を多く含む事で熱を遮断する特性があります。(ナイロンの6倍ぐらい熱遮断します)なので手触りが良く、軽くて温かいのです。


実は今カシミアは値段が高騰してます。去年と今年では1,5倍ぐらいします。聞いた話ですが、中国での需要が増えたのが要因みたいです。。。

NO346 wool60  Cashimier40 350g  買い付けBIELLA 16m


この布生地はウール60 カシミア40の目付け350gでスーツにしてもいける素材です、 落ち着いたグレーで華やかな印象になること間違いないでしょう。

コートには少し重さが足りないのでジャケットかスーツがオススメです。

私もカシミア昆のスーツを持ってますが、軽くて温かく 手触りも最高なので冬には手放せません。



今回は3つの布生地を紹介させてもらいました。

今日紹介した布生地以外にも沢山のいい布生地を買い付けしています。

これからも新しい布生地を発信していきますのでまた見てくださいね。

当店は銀座駅から徒歩4分 オーダースーツ専門店です。是非一度お気軽にお越しください。 



東京都 中央区 銀座 2-11-10 オーダースーツ オーダージャケット MICHELE&shin