夏はBLUEスーツをカジュアルに

2020年05月11日

「BLUEスーツの夏の着こなし」のお手本

・都会の夏に彩りを与えるBLUEスーツ

伝統的なスーツ文化をビジネススーツ(作業着)に進化させたのは間違いなJAPAN。世界中からJAPANのビジネススーツは特別な視線で注目されています。そんなビジネススーツの必須アイテムが「ネイビスーツ」。

そんなネイビースーツを脱オジサンスーツにするのがこんな明るい発色のBLUEスーツ。BLUEスーツが都会に彩りを与えます。

・都会派BLUEスーツは「上質が最低条件」

今、スーツがカジュアルに変化を続ける都会の中で、周りに埋もれない存在感を放ちながらも洗練された雰囲気を出すのは至難の技。ベーシックな物で存在感を演出できればコレほどお洒落で強力なものはない。知り合いにいませんか?「いつもベーシックな物着てるのにどこかお洒落なんだよねー。」って人。

そんな人はその時々によってベストのサイズ感やデザイン、ディテールそして上質がわかっています。突飛なデザインではなく上質な普通を着こなすが洗練された雰囲気を醸し出す条件です。

そんなお手本の様なBLUEスーツの着こなしがまさにコレ

・カジュアルスーツの計算されたサイズ感に脱帽

カジュアルジャストサイズの見本の様な素晴らしい出来栄えです。わざと短くしたジャケット丈とロールアップしたパンツ丈の計算尽くされたバランスに脱帽です。

パンツの裾幅17~18cm ワタリは余裕をもたせた1タックパンツ

BLUEのアウトパッチポケットスーツが都会に彩りを。

このスーツ、目を見張るのがこの発色です。ブルー+白ボタンが都会の夏にほどよい彩りを与え、更にアウトパッチポケットスーツに合わせたスリッポンスニーカーが都会派スマートカジュアルを間違いないモノにします。

こんなスーツはサイズ感と上質感が最も大切なポイントです!

・MICHELE&shinが見たデザインポイント!

  • 少し短い丈のジャケット
  • アウトパッチポケット
  • ゴージラインは高めの4cm
  • ゴージ幅8cmで 直線ラインで作成
  • 肩は雨降り袖(マニカマッピーナ)で柔らかいイメージを
  • パンツはアウト1タックのテーパードラインで
  • ベルトループは有りでベルトをしてウォレットチェーンでアクセントを
  • くるぶし丈のパンツにして ロールアップを意識の裾はシングル
  • 明るいネイビーブルーで。


・日本のオヤジも少し勇気を出してこんなスーツで着て街を歩きませんか?

こんなカジュアルブルースーツを作るのにオススメの布生地はこちら。


1.vitale barberis canonico -カノニコ-「MESH JACKETING」

夏にもってこいのCANONICOのメッシュ生地。HOPSACK(ホップサック)とも言われる生地です 。ホップサックとはビールの苦み原料のホップhopを入れる麻袋hopsackに似せた、粗野でラフな織物で、やや糸間をあけて平織りにした生地のこと。しわになり難く、その構造がゆえに通気性が高く、べとつかず、着心地も軽やかと春夏ジャケットに実質的なコンフォートさをもたらす天然の機能素材。 よくジャケットに用いられる生地ですが、あえてセットアップで仕立てることでカジュアル感が出るのでおすすめです。

カノニコ「MESH JACKETING」FULL HAND仕立て¥210,000-(税別)WHITE仕立て¥128,000-(税別)

Color:blue280g/m Wool 100% 


2.Harrisons of Edinburgh -ハリソンズ-「FRONTIER」

スーツの聖地、イギリス、サヴィル・ロウにて、定番の合服地として長い間親しまれてきたイギリスの名門ハリソンズの「フロンティア」抜群のハリとコシが仕立て上がりの美しさと、シワなどの優れた回復力が持ち味です。平織り、300グラムというユニークな目付けにより、春から秋にかけての長い期間に亘り着用できる点もおススメの理由の一つです。

イギリス生地には珍しく発色も抜群に良いので夏のカジュアルスーツにお勧めです!

ハリソンズ「FRONTIER」FULL HAND仕立て¥210,000-(税別)WHITE仕立て¥128,000-(税別)

Color:blue:300g/m Wool 100% 


3.Maring & Evans -マーリングエヴァンス-「KIRKBURTON」 

ブリティッシュウールにドライタッチのリネンをブレンド。先ほどのカノニコ生地同様ポップサック生地です。生地表面のさらっと感は猛暑の夏には涼しく最適な春夏物のカジュアルスーツになります。 英国生地ですが、非常に色鮮やかに織り上げており、夏の日差しにブルーのホップサック地は非常に似合います。

マーリングエヴァンス「KIRKBURTON」FULL HAND仕立て¥210,000-(税別)WHITE仕立て¥128,000-(税別)

Color:blue:310g/m Wool 50% Linen50%


3.MICHELE&shin オリジナルファブリック

MICHELE&shinのオリジナルファブリックはイタリアに工房がある強みを生かし、イタリア現地で調達。日本の商社や問屋を通さず独自ルート買い付け、現地価格で提供している布生地です。

今回おすすめはウールに10%シルクをブレンド。イタリア生地の本来持つ発色にシルクの光沢がプラスされることにより非常に上質な質感が出てます。カジュアルの中にも少し高級感を入れたい方にはお勧めの布生地です。

MICHELE&shin「Original fabrics」FULL HAND仕立て¥180,000-(税別)⇛ ¥150,000-(税別)WHITE仕立て¥128,000-(税別)

Color:blue weight:280g/m Wool 90% silk10%

今回は都会派ネイビーブルースーツを紹介しました。是非こんなスーツで都会に彩りを。