夏にソラーロジャケットがイケてました。

2021年05月10日

見つけました! 夏にイケてる新しいジャケットスタイルです。

夏にどんなジャケットを着たらイケてるのか、お困りのおしゃれ紳士は多いはずです。麻に行くのか、シアサッカに代表される綿に行くのか・・・・そんな中、今回MICHELE&shinが見つけたのが、こんなソラーロのジャケット。

どうですか?めちゃくちゃイケてないですか?綺麗に色落ちしたデニムに、白のボタンダウンシャツを無造作に着て、ソラーロのダブルジャケットを合わせてます。見事なまでのブルー×ホワイト×ブラウンの3色コーデネイトです。

まさに「都会で着るソラーロジャケットはこんな感じで着る」、のお手本の様な着こなしです。

デニムに白シャツですが、またこの白シャツが良い・・・ボタンダウンつていうのが、無造作を気取ってます。全体のコーディネートがお洒落を頑張ってる感が無いのです。「今日はデニムと白シャツを着たけど、ソラーロのジャケットがたまたまあったから羽織って来ましたよ。」的な感じが良いんです。

イタリア男は家を出るまでは、頑張ってお洒落をしますが、家を出ると、本当に無頓着なふりをします。「たまたま、あったのを着てきたらお洒落になっちゃった」が理想なのです。

「たまたま、あったのを着てきたらお洒落になっちゃった」を左右するのがサイズ感

無頓着なふりをしながらも、お洒落に見える大きなポイントは、間違いなく「サイズ感」。想像してみてください、少し前の、短くタイト過ぎるジャケットや昔の大きすぎるジャケットをこんな素敵なコーディネートに合わせても、まさにこれこそ、「本当に家にあるのを適当に着てきた」になります。今のしっかりとした長さで、適度に体にフィットするサイズ感、これこそがお洒落に見えるポイントなのです。「たまたまお洒落になっちゃった」はサイズ感からです。

・イタリア夏の新定番ソラーロに無限なコーディネートが見えた。

ソラーロのジャケットは「たまたま着てきたらお洒落に見えた」のまさにベストなチョイス。鈍く中から光るあの独特な素材感は、自然素材感が強い麻や綿と違った、ナチュラル過ぎない上品感が出ます。いやらしくない光沢感がどこか上品になるのです。今、そんなソラーロは麻や綿に変わる「イタリア夏の新定番」になっています。ソラーロを羽織るだけで、ちょっと違う上品なスタイルが完成するからでしょう。ソラーロに無限なコーディネートが見えてきました。

・今年の夏にベストなジャケットはソラーロに決定

ソラーロはもともとイギリスの植民地時代に開発された布生地です。しかし今、この布生地に世界中のおしゃれ紳士が注目。今の時代に合わせ、素晴らしいソラーロが各社から出る様になりました。そんな素晴らしい「今のソラーロ」を紹介します。


・美しいソラーロの世界

ソラーロと言えばまずこれ❗️【SMITH WOOLLENS SOLARO】

SOLAROはもともとSUMITS WOOLLENSによって20世紀初頭、亜熱帯の植民地用に開発されたのが始まりで、今も商標として保護されています。当時のソラーロを再現した布生地はウエイト、素材感、光沢すべてがパーフェクト。美しいの一言です。

SMITH WOOLLENS SOLAROフルオーダージャケット¥165,000-(税込み)


【WILLIAM HALSTED SOLARO】

さすがイギリスの老舗が作る布生地です。SMITH WOOLLENSに比べるとやや都会的な光沢感が特徴的。

WILLAM HALSTED SOLAROフルオーダージャケット¥165,000-(税込み)


【VITALE BARBERIS CANONICO】

イタリアのミル(織元)と言えばこのCANONICO。 SOLAROを現代にリメイクした素晴らしい布生地です。最も都会的な印象でしょう。イタリア布生地独特な柔らかさと風合いはさすがです。

VITALE BARBERIS CANONICO SOLARO フルオーダージャケット¥143,000-(税込み)

今年の夏はSORAROのジャケット決定です。