ブルーリネンのジャケット、なんて美しいジャケットでしょう。

2021年09月20日

本当に美しい、ブルーリネンジャケットの完成です。

きちっとした縦のラインのシルエットが、まさに、今からのジャケットデザインで、シンプルな中にnapoliの息使いが見て取れる仕上がりになっています。

今回はそんな、美しいNAPOLI発、ブルーリネンジャケットの紹介です。


シルエットの美しさ

今、紳士のスタイルは、今までのスポーティなデザインからよりラグジュアリーなデザインに変化してきています。これをジャケットに例えると、まず「ジャケットの丈が長く、しっかりお尻が隠れる長さ」になり、「少しシワが出るぐらいのウエストの絞りから、余裕を感じさせるウエストの絞り」に代表される、縦横のメリハリが効き過ぎてるデザインから、自然なラグジュアリー感を感じさせる、少し余裕のあるデザインに変わってきています。

そんなラグジュアリーを体現できるデザインがまさにこのブルーリネンのジャケットです。本当に美しいウエストの絞りと、最高に綺麗なジャケット丈間のバランス。シルエットの美しさはNAPOLIのフルオーダージャケットが間違いないでしょう。


首から吸い付く様な仕立てが、MICHELE&shinジャケットの特徴です。

写真でも分かる通り、上衿から肩先にかけて、首に高く吸いつく仕立ては、MICHELE&shinデザインの大きな特徴です。

この上衿を高くするポイントは大きく2つあります。まず「首から肩に吸い付く様な着心地」を実現できる事、そして最も大きなのが「見た目の圧倒的なカッコよさ」です。この見た目は圧倒的に違います。肩先から弧を描き、首まで登るラインは、間違いなく安い服では出ません。この上衿の登りはイタリアジャケットの最も大きなこだわりポイントです。


ブルーリネンは夏の万能選手

間違いなくブルーリネンは夏に最も着れる万能選手です。

少し若い美女との食事に、紺ジャケットだと少し地味だし、シャツ1枚じゃあカッコつかないし、そんな時、こんなリネンのブルージャケットなら、何を合わせても間違いないイケてる男の出来上がりです。オススメはこなれてた感じで、履きこんだブルージーンズに普通の白T、それにこのブルーリネンのジャケットです。想像しただけでもワクワクします。


それでは商品を紹介します。

アウトパッチポケットのブルーリネンのジャケット。

ハイゴージの5㎝ ストレートカットで10㎝のミディアムラペルがベーシックで綺麗です。


NAPOLIジャケットは手縫いのダブルステッチ。綺麗です。

バルカポケットは3.5㎝の幅で。

フラワーホールは当然、ミラネーゼスタイルの手縫いです。

弧を描くラウンドのアウトパッチポケットです。

肩付けはマニカマッピーナです、柔らかい。

本水牛の茶ボタンがアクセントになっています。当然、本切羽のボタンホールは手縫いです。


MICHELE&shinのリネンと言えば SPENCEBRYSON。最高のクオリティーを約束してれます


今回は本当に美しいブルーリネンのジャケットの紹介でした。