ネイビースーツが完成しました。

2019年03月24日

最近、モデルの仕事をされてる方が、たまにご来店されます。

このスーツはモデルのお仕事をされてる方のからのオーダーです。

下の完成写真を見てもらうとわかりますが細い細い・・・・

一番細いトルソーに着せてフロントボタンがギリギリです。

私だと腕も通らないかも・・・・


オーダー時に、いろいろお話を伺いました。

「これだけ細くて、手足が長いと既成のスーツはまず合わないんですよ・・・」

さらに「合うサイズがあってもデザインとサイズ感がどこかカッコ悪いんです・・・」

「今回はベーシックでありながら、カッコいい紺のスーツを作りたいんですが大丈夫でしょうか?」

承知しました。任して下さい。カッコいいスーツを作りましょう。

まずデザインです。

イタリアらしい曲線の柔らかな体を包み込む様なラインのスーツで、よくある直線的なラインを強調するスーツは全く興味がないとのことでした。

MICHELE&shinの最も得意とするデザインです。

アイパッドで写真をいろいろ見ながら決定したのがこのデザイン画。

ラペルを外側の大きく弧を描く、シングルのピークラペルデザイン

ゴージの幅も広めの12cm 適度な高さのゴージライン

いいバランスです。

肩付けは雨降袖で イタリアスーツ独特な柔らかな印象のスーツになるでしょう。

仮縫いを終わらせ、完成までに約2ヶ月半・・・おまたせしました最高にエレガントなスーツの完成です。


やっぱり紺のスーツはカッコいいですね。

男の色気を感じさせるスーツです。

ゴージ幅は12cmの6cmの高さのゴージライン、外に大きく弧描くのラインで構築的な柔らかなラペルに仕上げました。


ゴージラインも当然曲線で縫います。

柔らかな印象で、既製品とは明らかな違いが出ます。

パンツはベルト-ルプレスのアウトインの2タック。

ウエスマンは5cmで作成

今のパンツデザインを考慮して少しハイウエストにしました。

MICHELE&shinオリジナルアイコンのベルトループの編み込みです。

このディテールはお客様に大変気に入ってもらいました。

紺のスーツは奥が深いですね。

デイテールとデザインそして布生地に拘ると、こんなにカッコいいスーツが仕上がります。

カッコいい本物のネイビースーツを検討されてる方は、お気軽にお問い合わせ下さい。

お待ちしております。