今週の新生地の紹介

2018年08月22日

いつもの布生地問屋から連絡があったのが先日、ちょうどpittiが終わり、本格的な夏の到来で少しゆっくりしてた矢先、秋冬の新生地を見に来ないかとの誘いが。。

フローレンスからビエッラまで、夏のリビエラ海岸沿いを走って、アルプスの麓のBIELLまで、少しの避暑も兼ねて行くことに。実はビエッラには私の好きなホテルがあります、今度紹介しますね。


彼等からの誘いなので、かなり良い物がありそうな予感にワクワクしつつ車を走らせビエッラまで。

夏のリビエラ湾の美しい景色を左に見ながらAUTOSTRADAを飛ばし400kmの移動です。イタリアの高速道路は整備さえてるので本当に飛ばせますよ。注意はジェノバ辺りの本当に高速道路!! と思わせるようなくねくね道路。

今度行く方は要注意ですよ。


さて今回の布生地ですが

黒のサージの布生地です。

NO1-333 WOOL90 COTTON5 CASHMERE5 目付け290g 購入BIELLA 

黒のサージの生地ですがカシミアが5%混紡してあり、手触りが素晴らしいです。

サージのこういう素材はシワが寄りにくい特徴があるので使い勝手がいいですね。

ちなみにサージとは経糸と緯糸が交互ではなく、縦糸が複数の横糸をまたぎ、それをずらして繰り返す織り方で、糸の交差が斜めの線として現れる布生地を言います。もう少しキツく織るとギャバジン。


『手触りのいいサージの黒』これは本当に使い勝手が良いです。

オススメはビジネスで使えるシングル2つボタン、ゴージ幅は8cm

パンツは1タックのテーパード。

最高の普通が布生地で粋るスーツになるでしょう。


次の布生地ですが。

チャコールグレーのグレンチャックです。

NO2-187 WOOL100 目付け310g 購入BIELLA

チャコールグレーほど発色で素材の違いが出る色はないですね。この布地は非常に発色が良く、近くで見たらわかる隠れたグレンチャックが大人の色気を感じさせます。


去年のpittiで多かったのがうすめのグレースーツ。、

しかしうすめグレーのスーツをビジネスにはなかなか厳しいのではないでしょうか。

しかしこのちょうど良いチャコールグレーの隠れグレンチェックスーツならオフィスを華やかにさせるのではないでしょうか。


オススメのジャケットは ダブル4ボタン ハイゴージ11cm チェンジポケット コンケーブルの肩付け 

パンツは ベルとレス2タック ハイウエスト テーパード ダブル幅5cm

いわゆる英国調のスーツがオススメです。



今回は2つの布生地を紹介しました。

来週も新しい布地生地を紹介しますので、よろしくお願いします。




東京都 中央区 銀座 2-11-10 オーダースーツ オーダージャケット MICHELE&shin