まだまだ着れるグレンチェックのジャケットが完成しました。

2019年02月24日

このジャケットを作る時に御客様から頂いたオーダーの要望が「全体に丸いナローなイメージで軽く羽織れるジャケット」でした。


そこで出来たのがこのジャケット。どうでしょう・・・見事にナローなジャケットの完成です。

このジャケットの1番のポイントは完璧なナポリの肩付けと内側に弧を描くラペルのバランスです。

前肩を包み込む様にカットを施し、肩はパットを最小に、ナポリ独特な雨降り袖で納めました。写真でも伝わると思いますがこの様に作ると、ジャケットを着るという感覚じゃあ無く、まさに体を包み込む感覚で着てもらえます。

ラペル幅10cm ゴージラインはちょうど良いバランスのハイゴージ。

今このラペルデザインが最高にカッコ良く、本当にオススメです。

ポケットのフラップは6cm幅

Michele&shinの特徴の少し高い位置のバルカポケットでどこか他とは違うたたずまいのジャケットに仕上がってます。

布生地は軽いフランネルの薄い茶のグレンチャック。


写真ではブリティッシュに見えますが、そこはさすがイタリアンファブリック・・・素材がまず軽くて柔らかい・・・そして絶妙な発色・・・

グレンチャックの柄の大きさも絶妙で、このジャケットデザインに相性いいですね。

御客様から、「まさにイメージ通り・・・話ではイタリアのジャケットは軽くて羽織る感覚と聞いていたがまさにそのとおりだね。」とのお話を頂き作ってよかったと感謝感謝です。