いつもと違うガンクラブチェックのスーツ

2019年12月06日

ガンクラブ柄のダブルのスーツが完成しました。

どうでしょう。ミケーレのブログをよく見ている方はお気づきかもしれませんが、「MICHELE&shinのいつものスタイルとは違うな? 」と思いませんか?


具体的に見ていきましょう!

まずラペルのカットです。

お客様が今回のスーツはシャープで直線的なイメージを出したいとのことだったので、MICHELE&shinお得意の外アール(ベリードカット)にはせず、鋭角で直線的なカッテッングにしました。

ラペル先も約40度と鋭角


お次は肩付けです。

肩上の肩パットは極限まで無くし柔らかく。しかしいつもと違うのが袖山です。袖山には裄綿をフロント下部までいれ、袖山にボリュームをもたせました。

よく言われるビルドアップとは違うんですよね☺...


首元は5cm

MICHELE&shinの仕立ては基本カラーを高くしています。一般的なジャケッツトと比べ、0.5~1cm程高いです。


イタリアのジャケットはカラーが高い物が多いですよね。

首元が高いと肩にかけて角度がつき、横からのラインが美しくみえます。

これは職人の技術も必要ですし、フルオーダーならではです。

ボタンホールはもちろん手縫い

やはり高級感が違います。


前回のブログでも紹介しましたが、今回もダブルフラワーホールです。


胸元はバルカポケット

MICHELE&shinのこだわりでスパッと鋭角に切るのではなく、角を取り丸く仕立てます。

腕元は4つ釦の本切羽

釦は水牛釦

次にパンツです。

ベルトレスにはせず、ウエスマン幅4cmのベルトループ有り仕様

第一のループのみMICHELE&shinのオリジナルデザイン 編み込みのベルトループにしました。

分かりづらいですが、タックはBOXの2タックです。


どうでしたか?普段のMICHELE&shinのスタイルから少しこだわりを変えることで、また違ったカッコよさが生まれます。

皆さんも是非MICHELE&shinで色々なスタイルを挑戦してみてください!