いつものCRISTIANOのオススメ生地でダブルブレスト

2018年09月30日

pitti終わりの6月、プラートでこの布生地を見つけました。

いつもの布生地問屋の入り口にはいつものエスプレッソマシーン。イタリアのどこの布生地問屋に行ってもどこかに簡易なエスプレッソマシンが置いてます。

クリスチアーノは最近は何も言わなくてもアメリカーノ(イタリアでは普通のコーヒーをアメリカーノと呼びます。)を出して来てくれます。そしていつもの一言・・・水もいる?

このやり取りからここの布生地問屋の宝探しが始まります。

今回クリスチアーノがオススメしてくれたのがこの布生地。

ネップのチャコールに赤の細かいチェックの布生地。
クリスチアーノいわく「今まで大柄なウインドウチェックが多かったけどもう終わってるよ・・・今からはコレぐらいのチェックがいいよ」との事。


実は私も大柄なチェックに飽きてきてた矢先の出会いだったので購入を即決。

今季イタリアのブランドも小柄のチェック押しで、michele&shinのクリエイターも同じ話をしてました。

さっそく、布生地を工房に持ち込みジャケットの作成の打ち合わせを。


「この布は3ボタンの段返りシングルがいいんじゃない・・・」 職人

「6ボタンのダブルで・・・・」             私  

「また、ダブルですか・・・ 」            呆れ顔の職人

「ダブルでしょう・・・・」             私

「これはシングルがいいですよ・・・・           職人

こんな楽しいやり取りをしつつ出来上がったジャケットがこれ。


やっぱりダブルにしてしまいました。☺

やっぱダブルが好きなんですよねー。

そろそろ職人のオススメのシングルも作ってみようかな・・・・。

ナチュラルショルダーにナポリゴージライン、少し低めのゴージラインのジャケットこれが今回のこだわりです。


グレーのパンツにタイドアップ。

多分デニムにもバッチリ合うと思います。


チャコールに赤のチェックは本当に上品になります、生地はかなり厚めでネップがあるので素材だけなら野暮ったくなりそうですが、そこはさすがイタリアンファブリック、上品さと色気が漂います。

まだまだ現地には無名だが素晴らしい布生地が沢山あります。

今後も紹介していきますね。



東京都 中央区 銀座 2-11-10 オーダースーツ オーダージャケット MICHELE&shin